Site Loader

マテリアル作成中にカメラのベクトルが必要になってノードの検索をかけると、
CameraVectorWSCameraDirectionVectorという、名前が似ているノードがヒットします。

CameraVectorSearch

実はこれらのノードは性質が異なるのですが、
初見だと、どちらが自分の目的に沿うノードか分かり難いので説明します。

CameraVectorWS

CameraVectorWS

描画するピクセルからカメラ方向のベクトルを取得します。
ワールド空間におけるベクトルです。
CameraVectorImage

こちらのほうがマテリアルを作成しているときはよく使用します。
Fresnelノードあたりの表現を自前で計算するときなどに、
法線との内積をとる使用例が多いです。

CameraDirectionVector

CameraDirectionVector

使用しているカメラ自体のベクトルを取得します。
ワールド空間におけるベクトルです。
CameraDirectionVectorImage

使いどころはカメラが特定の方向を向いている時に、
マテリアルやポストプロセスの見た目を変化させたい場合などでしょうか。
ゲームの遊びと絡めて使用することが多そうです。

Post Author: kedamazigoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください