HueShiftマテリアルファンクションの注意点

UE4

エディターに標準装備のHueShiftというマテリアルファンクションがあります。

HueShiftNode

その名前からHue(色相)成分のみ変更するものと思ってしまいそうですが、
正確な振る舞いは、ほとんどのケースで色相以外の彩度・明度の成分を下げてしまう可能性が高いです。

RawYellow
本来の黄色
(1.0, 1.0, 0.0)

ShiftedYellowFromRed
赤からHueShiftでシフトさせた黄色
(0.831, 0.831, 0.0)

ノードをダブルクリックして実装を追っていくと分かるのですが、
速度重視のためなのか、独特な実装になっていました。
使いどころとしては「アバウトでいいので色相を変化させたい」という場合でしょうか。


この記事の内容はUnreal Engine 4.8 で検証しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました